Lynxmotion対称四足キット(FlowBotics Studio):ロボショップ - a7eca

2019-06-12
カテゴリトップ>ロボット製作・実験>ロボット・キット
Lynxmotion対称四足キット(FlowBotics Studio)

概要

対称型四足歩行ロボットプラットフォーム
任意の方向への歩行を容易にする3DOF(自由度)の脚
大学のロボット研究室や、四足ロボット用コードの作成を始める個人に最適
USB PS2互換ソフトウェアでロボットの動きを簡単制御
FlowBotics StudioソフトウェアCDが含まれています

Lynxmotion対称四足キット(FlowBotics Studio) は、脚ごとに3自由度を持つ、対称的なボディデザインの四足ロボットのFlowBotics Studioバージョンです。 キットには、SSC-32サーボコントローラ、シリアル-XBeeブレイクアウトボード、BluetoothモジュールとFlowBotics Studioのデータが含まれています。 ロボットを制御するには、FlowBotics Studio内で歩行シーケンスを作成します。コマンドがロボットにBluetooth経由でリアルタイムに送信されます。 より高レベルな演算はすべてコンピュータにオフロードされます。 ソフトウェアはUSB PS2との互換性があります。ロボットの動きをより簡単に制御できます。 対称性のおかげで、非常にユニークな四足歩行ロボットです。 3つのDOF(自由度)を持つ脚のデザインにより、あらゆる方向へ歩くために必要な柔軟性をもたらしています。 ロボットはHS-422サーボ4基とHS-645MGサーボ4基を使用しています。 コンボキットには、バッテリー、充電器と光学式PS2コントローラを除き、機能的なロボットを作るために必要なすべてが含まれています。 研究レベルのロボットで、大学のロボット研究室や、四足ロボット用コードの作成を始める個人に最適です。

ロボット制御
コンボキットには、SSC-32サーボコントローラとBluetoothモジュールが付属しています。 PS2システム(別売)が必要な配線すべてを備えているので、PS2コントローラ用の個別配線はありません。 サーボパルス生成とシーケンス動作タイミングをSSC-32にオフロードすることにより、メインボードは幾つかの本当に凄いことを実行する多くのパワーが得られます。 基本的なPS2コードで、無線(または有線)PS2リモートコントロール(別売)を使用してロボットを制御することができます。 メーカーでは、ロボットを素早く起動し動かすために、ワイヤレスPS??2コントローラを強くお勧めしています。 適切な構成をすれば、人気の六脚フェニックスコードが四足歩行ロボットに適用でき、プロジェクトの開始を支援します。

仕様

対称型四足歩行ロボットプラットフォーム
任意の方向への歩行を容易にする3DOF(自由度)の脚
大学のロボット研究室や、四足ロボット用コードの作成を始める個人に最適
USB PS2互換ソフトウェアでロボットの動きを簡単制御
FlowBotics StudioソフトウェアCDが含まれています

Lynxmotion対称四足キット(FlowBotics Studio) は、脚ごとに3自由度を持つ、対称的なボディデザインの四足ロボットのFlowBotics Studioバージョンです。 キットには、SSC-32サーボコントローラ、シリアル-XBeeブレイクアウトボード、BluetoothモジュールとFlowBotics Studioのデータが含まれています。 ロボットを制御するには、FlowBotics Studio内で歩行シーケンスを作成します。コマンドがロボットにBluetooth経由でリアルタイムに送信されます。 より高レベルな演算はすべてコンピュータにオフロードされます。 ソフトウェアはUSB PS2との互換性があります。ロボットの動きをより簡単に制御できます。 対称性のおかげで、非常にユニークな四足歩行ロボットです。 3つのDOF(自由度)を持つ脚のデザインにより、あらゆる方向へ歩くために必要な柔軟性をもたらしています。 ロボットはHS-422サーボ4基とHS-645MGサーボ4基を使用しています。 コンボキットには、バッテリー、充電器と光学式PS2コントローラを除き、機能的なロボットを作るために必要なすべてが含まれています。 研究レベルのロボットで、大学のロボット研究室や、四足ロボット用コードの作成を始める個人に最適です。

ロボット制御
コンボキットには、SSC-32サーボコントローラとBluetoothモジュールが付属しています。 PS2システム(別売)が必要な配線すべてを備えているので、PS2コントローラ用の個別配線はありません。 サーボパルス生成とシーケンス動作タイミングをSSC-32にオフロードすることにより、メインボードは幾つかの本当に凄いことを実行する多くのパワーが得られます。 基本的なPS2コードで、無線(または有線)PS2リモートコントロール(別売)を使用してロボットを制御することができます。 メーカーでは、ロボットを素早く起動し動かすために、ワイヤレスPS??2コントローラを強くお勧めしています。 適切な構成をすれば、人気の六脚フェニックスコードが四足歩行ロボットに適用でき、プロジェクトの開始を支援します。

同梱

対称ボディキット
2×3自由度 アルミニウム。 脚のペア(黒)
(57oz. in.) 標準サーボx4
(76 on. in.) 標準サイズサーボ x8
シリアル-XBeeブレイクアウトボード
XBee BluetoothモジュールとUSB Bluetoothモジュール
SSC-32サーボコントローラ
FlowBotics Studio CD