Roland V-Combo VR-09 新品 ライブキーボード[ローランド][Vコンボ][Piano,電子ピアノ][Organ,電子オルガン][Synthesizer,シンセサイザー][Keyboard]:ギタープラネットOnline - c79e9

2019-11-10

Roland V-Combo VR-09 新品 ライブキーボード
[ローランド][Vコンボ][Piano,電子ピアノ][Organ,電子オルガン][Synthesizer,シンセサイザー][Keyboard]

即戦力のピアノ】オルガン】シンセ音源を搭載した
リアルタイム・コントロール重視のライブ・キーボード。

V-Combo VR-09は、ステージ即戦力重視のピアノ】オルガン】シンセの
プロ・スペック音源を搭載したライブ・キーボードです。
3つのブロックに分けられた優れたユーザー・インターフェースを備え、
Virtual Tone Wheelなどのローランドの持つハイエンド音源を搭載し、
リアルタイム操作子を追加。
さらに5.5 kgの軽量設計とJUNOシリーズで好評の電池駆動を実現。
ポータビリティにも大変優れた、ライブ・キーボーディストが求める究極の形です。

◎ 即戦力のピアノ】オルガン】シンセ音源を凝縮。
◎ 音源ごとにブロック化された直感的操作性。
◎ リアルタイム・パフォーマンス重視の操作子が充実。
◎ 軽量設計・電池駆動による可搬性。
◎ ルーパー機能やDビーム・コントローラーなど、クールなライブ・パフォーマンスを実現。
◎ 内蔵シンセ・トーン】オルガンをエディットできるiPadエディターを無償提供。

贅沢にウェーブ・メモリーを使った最高級ピアノ・サウンド。

ステージ・キーボードとして、もっとも使用頻度の高いピアノ音色には、
特別なこだわりを持って設計。88鍵ステレオ・マルチサンプリングの
アコースティック・ピアノ音色は、専用機に迫る高いクオリティを実現し、
上質のピアノ・サウンドをステージ上から響かせます。
往年のエレクトリック・ピアノ音色も搭載、ビンテージ系フェイザーのエフェクトを
かけることで、独特の音のウネリを持った'80年代のクロスオーバー・サウンドも
再現できます。また、コンプレッサー専用つまみを装備していますので、
バンド演奏の中でギターやドラムに負けない音圧を持ったピアノやエレピを
簡単につくることもできます。

バーチャル・トーンホイール音源による圧倒的なオルガン・サウンド。

実物のトーンホイール・オルガンの発音機構をデジタルで忠実に再現することで、
オルガン独特の厚みや深みのあるサウンドを生み出すバーチャル・トーンホイール音源を
搭載。トーンホイール独特のリーケージ・ノイズ、クリック・ノイズも完全シミュレーション、
憧れのビンテージ・オルガン・サウンドを手に入れることができます。

また、現在もオルガン愛好家の中で熱狂的な支持を受けているトランジスター・オルガンの
サウンドも忠実に再現、オーバードライブをかけて現代のハード・ロック音色を
演奏することもできます。
鍵盤の発音位置を浅めに調整できるQuick Firing 機能を搭載しており、
早弾き(トリル/スパッター)、グリッサンドやパーカッシブに鍵盤を叩く
オルガン独特の奏法にも対応しています。
ロータリー・サウンドは、ローランド独自のモデリング技術COSMを採用しています。
アンプ・サウンドにもこだわり、COSMによるアルゴリズムを搭載。
2種類のアンプ・タイプでは、ジャズやロックで多用されるオルガンの定番アンプを
モデリング。各アンプ固有の真空管の特性や箱鳴り感、スピーカーの音響特性を忠実に
再現しています。新開発のツイン・ロータリーを使えば、未体験ゾーンの深い
ロータリー・サウンドが得られます。

現在の音楽シーンに合わせたシンセサイザー・サウンド。

SH-1000、SH-2などのビンテージ・アナログ・シンセサイザーから、D-50、JD-800などと
いったデジタル・シンセサイザーをも彷彿させる音色があらかじめスタンバイ。
シンセサイザーの原点に戻り、オシレーター波形から、iPadエディターで
エディットしてオリジナルのシンセサイザー・トーンを作ることも可能です。
また、Bit Crashを使用したWobble Bassなど、エフェクトが重要となる
最新のシンセ・サウンドもつくり出すことができます。

インスピレーションにも即対応できるリアルタイム・コントロール。

VR-09は、ステージ上でのリアルタイム・コントロールを、ステージ・キーボードとして
最も重要なパートとして考えています。ORGAN、PIANO、SYNTH 3つの音源セクション・
ブロックで構成されていて使いやすいのはもちろんのこと、2つの音色ボタンを
同時に押せばレイヤー、スプリット・ボタンを押せば自動的にスプリット・モードへ
移行するなど、ステージ上でのインスピレーションにも即対応できます。
オルガンでは9本のハーモニック・バーと赤いソロ・バーをパネルの左側に備え、
本格的オルガン・サウンドづくりが可能。
そしてRotary ON/OFFとSlow/Fastは使いやすく配置。
ペダル・ボード(PKシリーズ:別売)の接続ができるので、スプリットを使えば
3段鍵盤相当の演奏能力が発揮できます。

ライブでの使い勝手を徹底的に考え抜いたエフェクト専用つまみ。

Compressor、Overdrive、Delay、Reverb、Tone, MFX の6つのエフェクト専用つまみは、
ライブでの使い勝手を徹底的に考え抜いて設計されています。

例えば、Compressor はスレショルド・レベルと圧縮比を同時に変化させて
ダイナミック・レンジを狭くしつつ、出力レベルを一定に保つ複雑なコントロールを実装、
この専門家にしかできない調整をCompressorつまみ1つ回すだけで実現します。
Delayのタイプ TAPE ECHO では、往年のテープ式エコーを再現し、Delayつまみを激しく
回すことで、発振サウンドを起こす特殊効果も簡単に演出できます。
MFX は、音色ごとに最適なエフェクトがスタンバイ。つまみを回すだけでステージ上での
音色変化を楽しむことができます。
シンセ音色で必須のコントロール Cutoff、Resonance、Attack、Decay、Release を
スライダーで調整することももちろんできます。

専用機譲りの機能が充実。

演奏中のパフォーマンス性をアピールできるDビーム・コントローラーを搭載。
また、ルーパー機能を使って、リアルタイムに録音】再生をしながら音を重ねていく
ループ・パフォーマンスで、ライブを盛り上げることも可能です。
ドラム・パートでは、さまざまなスタイルのバッキングを用意。
バンド・メンバーの代わりを担えます。

JUNOシリーズで好評の電池駆動。

軽量・コンパクトを実現しただけでなく、JUNOシリーズでも好評の
バッテリー駆動にも対応。充電式ニッケル水素電池で実に約5時間
(USBメモリー接続時は約3時間)もの演奏時間を確保できます。
ストリートでの演奏、ステージ脇でのサウンド・チェックなど、
電源確保が困難な場所でその効果を発揮します。

より緻密な音づくりを可能にするiPadエディターを提供。

iPad アプリ VR-09 Editor は、オルガン・トーンとシンセ・トーンのエディット機能を
備え、「エディット」→「持ち運び」→「ステージ」と優れたワークフローを提供します。
本体とiPadとはワイヤレスUSBアダプター WNA1100-RL(別売)を使用することで
無線接続に対応。ケーブルに縛られることなく快適な環境を整えることが可能です。
※USBケーブルを使用しての接続にはApple社のiPad Camera Connection Kitが必要です。


お問い合わせフリーダイヤル:0120-37-9630