Rhapsodio ラプソディオ Infinity インフィニティ【送料無料(代引き不可)】 高音質カナル型イヤホン 【1年保証】:eイヤホン - 0fdf5

2019-08-12
カテゴリトップ>イヤホン>【ジャンル別で探す】イヤホン>カナル型イヤホン(耳栓型イヤホン)>50,000円以上(送料無料)
Rhapsodio ラプソディオ Infinity インフィニティ【送料無料(代引き不可)】 高音質カナル型イヤホン 【1年保証】

最高峰20ドライバモデル
RHAPSODIO Infinity

Rhapsodio Balanced Armatureシリーズの最高峰20ドライバモデル

多ドライバIEMを限りなくナチュラルに鳴らし、溢れ出るほどの情報量を誇張することなく自然に耳に届ける技術に長けるRhapsodio代表Sammy Mak氏が新たに目指したのは史上最高のBAドライバ搭載イヤフォンでした。

技術展示・参考展示金賞を受賞し高い注目

2017年4月の参考出展から話題をさらい、春のヘッドフォン祭2017技術展示・参考展示金賞を受賞し高い注目を集めてきた20BAドライバ搭載機がリリースとなります。

日本人の耳にフィットしやすいサイズ

これまでのRhapsodioフラッグシップ機Solarを上回る解像度、表現力を有し、低域・中低域にそれぞれ4基のドライバ、中域・中高域にそれぞれ2基のドライバそして高域に8基のドライバを搭載する構成で片側に計20基のBAドライバを搭載しながらも日本人の耳にフィットしやすいサイズに成型されています。

スペック
形式バランスド・アーマチュア型
ドライバ構成Low ×4, Mid-low ×4, Mid ×2, Mid-high ×2, High ×8
インピーダンス20Ω
感度106dB
ケーブル長1.2m
カラー木製フェイスプレート×ライトスモーク・シェル
付属品イヤーチップ
SpinFitイヤーチップセット
ロゴ入りメタルケース

ハイエンドイヤホンGalaxy、Solarに続き
RhapsodioよりInfinityの登場です!
まず注目して頂きたいのが、Rhapsodioフラッグシップ機Solarを上回る
ドライバーの数です!
ドライバ構成はLow ×4, Mid-low ×4, Mid ×2, Mid-high ×2, High ×8となっていて
計40ドライバー。Solarの2倍のドライバが搭載されています。

肝心のサウンドですが元々Rhapsodioは「温かみと柔らかさを重視した
聞き心地の良いサウンド・フィーリングを軸にワイドレンジで癖のない音響特性を」
コンセプトにチューニングしています。
Infinityもそのコンセプトでチューニングされていて
一聴して感じたのは表現力の豊かさとサウンドレンジの広さです。
楽器の定位がしっかりとしているので、広いサウンドステージを
感じることができます。
中低域のチューニングバランスが絶妙で、チェロ等のヴァイオリン属の
弦楽器の表現がとても美しく表現されます!
広い帯域で楽器・ボーカルの美味しいポイントが表現されているので
ジャンルを選ばず満足させてくれます!

おしゃれな木箱の中にはロゴ入りメタルケースもあるので
保管も問題なしです!またイヤーチップも2種類あり
イヤホン筐体は少し大きく耳からはみ出ますが日本人の耳に
フィットしやすいように成型されているので特に問題はありません。
是非一度試聴して頂きたいイヤホンです!
【レビュー日:2017/12/13】

片耳20BAドライバー。。。
遂に行き着くところまで来たなという感じですね。
実物を見るまではかなりでかいハウジングを予想していましたが、
そんなこともなく、装着感もいい感じです。

今回試聴に使ったプレイヤーはPAW5000。
僕は多ドライバーの音がそこまで得意ではないのですが、
Infinityにはいい意味で裏切られました。
自然に伸びていく高域に、頭の中で囁いているかのようなボーカル。
低域も心地よく、輪郭がはっきりとしています。
一つ一つの楽器の定位感も抜群です。絶妙なバランスでまとまり、ハーモニーを奏でます。
とにかく両耳合わせて40個もドライバーが入っているとは思えない自然さなのです!

特に中低域の表現力は鳥肌モノ。
僕がいつもイヤホンの試聴に使う音源の中でツインベースのバンドの曲がありまして、
その曲の歪んだベースのラインが聴こえるか聴こえないかを低音評価の参考にしているのですが、
実はまだ隠れていたベースラインがあったことに気づかされました!
初めて曲の全貌がクリアになり感動。

一つ気になったのは、PAW5000でも音量は取れるのですが、
ポタアンでもなんでもアンプをかましたほうが、
このイヤホンの本来の力を発揮できるような気がしました。
プレイヤー直刺しでも半端ない音しますが、
まだまだ中高域いける気がします。
リケーブルも色々試したくなります。
名前の通りまさに無限大。是非ご検討下さい。

試聴環境:AK70及びACRO L1000
ついに片耳20ドライバ搭載イヤホンの登場です、新たなる時代に間違いなく足跡を残しました。
サウンド的には低中音域にフォーカスしたチューニングです、特に低音域がガツンと響きます。
それでいて音の粒がとても細やかで迫力と繊細さを兼ね備えたイヤホンです。
そしてコンデンサー型や平面駆動型に匹敵するほどの圧倒的な音の情報量
文字通り圧倒されました。
これだけ音の粒が細かくて情報量が多いと音が散らばりそうですが上手くまとめあげ一つの音にして
鼓膜に届けてくれます。
AK70でも音量は取れますがACRO L1000などの据え置きやポタアンと繋ぐと更に高次元の世界へ誘って
くれます。
音数の多いクラシックやライブ音源で真価を発揮します!
【レビュー日:2017/12/26】

20基のバランスド・アーマチュアドライバを搭載する高音質カナル型イヤホン