セーブル花瓶セルジュ陶磁器 ハジュフランス SEVRES:ブルーアンプルール - d3585

2019-06-05
カテゴリトップ>Sevres 〜セーブル〜
セーブル
花瓶
セルジュ
陶磁器 ハジュ
フランス SEVRES

★フランス国立セーブル製陶所工房作品詳細★
ブランド(原産国) 【セーブル・SEVRES】フランス
作品名(パターン) Vase Serge,1976(花瓶・セルジュ)
原作制作年度 1976年 Etienne HAJDU
制作年度 2001年
作品サイズ 高さ:35cm,口径:16.5x17cm
特記事項 画像と実際の作品の色合い及び風合いは微妙に異なります。
参考上代(定価) オープンプライス
作品説明
【素材:PN(ヌーベルペースト)1882〜1884年にセーブル工房で改良認可された素材】
この作品はレリーフ装飾、表面は白の半ぼかし仕上げ。
原作者Etienne HAJDU(エティエンヌ ハジュ)のサインは底部に彫り込まれている。
作品にはセーブル工房のロゴと成型年度、装飾完成年度が記されている。
------------------------------------------------------------------------
☆Pate dure nouvelle(ou P.N)☆
ヌーベルペースト(新硬質磁器・P.N):基本素材はカオリン、長石、水晶(これらの素材は1882〜1884年にセーブル工房で開発された)で、PNはこれらの素材を1280℃〜1300℃で焼く。ビスキュイはこのPNが素材となる。


★Etienne HAJDU(エティエンヌ ハジュ)★
1907年にTransylvanie(ルーマニア)のTurdaにて生誕。パリにて1996年3月26日に没。
1927年、彫刻を学ぶためパリに赴きBourdelle et Niclausseに支持。
1930年にフランス国籍取得。
1949年、5月展実行委員会のメンバーになり、抽象彫刻の責任者となる。
彼の作品はパリのJeanne Bouche画廊にて展覧された。画家・彫刻家の両分野で今世紀初めの同時代では多くの作品をセーブル工房で制作した作家の一人である。
特に、1966〜1976年の間はフォームの製作時期として特筆される年代である。
受賞経歴
1965年…Nordrhein-Westphalen賞(彫刻)
1967年…インターナショナル・イスタンブルグ陶器展金賞(彫刻)
1968年…Bianco e Nero大賞(彫版)
1969年…彫刻部門で国の大賞


【フランス国立セーブル製陶所工房の花瓶☆セルジュ】