i-CON3(インジェクションコントローラー) センサーカプラー接続 BlueLightningRacing(ブルーライトニングレーシング) ZZR1400(06〜13年):バイク メンテ館 - c543a

2019-09-01
カテゴリトップ>KAWASAKI(カワサキ)>751cc〜 【2】>ZZR1400
i-CON3(インジェクションコントローラー) センサーカプラー接続 BlueLightningRacing(ブルーライトニングレーシング) ZZR1400(06〜13年)【適合車種】
ZZR1400
【適合年式】
06〜13年

key:インジェクションコントローラー

zero401195

接続方法:センサーカプラー接続
エンジン性能を効率よく引き出すためには、空気と気化したガソリンの混合比が重要になります。
その比率は常に一定ではなく、エンジン回転数やアクセル開度により変化します。
それらのセッティングは非常にデリケートで、わずかな違いによりズレることがあります。
純正よりも吸入効率の高いエアクリーナーや抜けの良いマフラーなどに交換した場合、それらに合わせてガソリン噴出量を調整しベストな性能を引き出すことを目的に開発されたのがi-CON3です。
通常、圧力センサーやスロットルセンサーにより吸入空気量を計測して純正ECU演算、インジェクターにガソリンの噴射信号が送られます。
その吸入空気量信号を中間で補正し、純正ECUに送るのがi-CONの役割。
給排気系カスタム時のみならず、フルノーマルの状態でもエンジンフィーリングを自分に合わせることができるので、アクセルと一体になったような素直でフレキシブルなエンジン・レスポンスを味わうことができます。
例えば低回転域でアクセルの開けはじめにドンツキが起こるとき。またコーナーの立ち上がりなどでアクセルを開けたのにトラクションが伝わるまでに一瞬のタイムラグが発生するとき。雨の日、信号からの発進で不意にホイルスピンしてしまうなどの症状がでているようならi-CON3を導入するメリットはあります。
i-CON3は、より安全に、楽しくライディングするためライダーとバイクをシンクロさせる次世代セッティングツールなのです。
カラー液晶画面を見ながらボタン操作だけでセッティングを変更することが可能。
液晶画面で数種の情報を見やすいバーグラフと数値で同時に表示することが可能です。
メーター風のデザインのバーグラフを採用し直感的に状態を把握できます。
独自のCPU搭載によりスロットルセンサー信号、または圧力センサー信号を高速に演算し、リニアな補正を実現しています。
アクセルを開けたときのスロットル開度・スピードを高速演算、センサー信号を一瞬変化させてアクセルレスポンスを変えることが可能です。スロットルを開けたときのドンツキや応答遅れ感などの補正ができます。
表示状態を路銀具して保存することができ、セッティングの確認、サーキットでの走行状態の把握などに役立てられます。
3パターンのセッティングを保存できます。街乗り用や、サーキット走行用など数パターンのデータを設定し、ステージに合わせて切りあえることができます。

【商品名】
i-CON3(インジェクションコントローラー) センサーカプラー接続
【商品番号】
B16-3K013-K7-00
【メーカー】
BlueLightningRacing(ブルーライトニングレーシング)
【車種メーカー】
KAWASAKI(カワサキ)
【適合車種】
ZZR1400
【適合年式】
06〜13年
【送料無料】