【一点物】アンモナイト化石 ヒューマンスカル(人間頭蓋骨) カービング(彫刻) 1344g|白亜紀|マダガスカル産【送料無料】:民族アクセ ラパヌイ  - 93b62

2019-05-06
カテゴリトップ>化石・牙・骨・角

【一点物】アンモナイト化石 ヒューマンスカル(人間頭蓋骨) カービング(彫刻) 1344g|白亜紀|マダガスカル産【送料無料】

化石 恐竜


【化石】
化石 化石は、過去の生物の遺骸や遺跡が、何らかの形で地層の中から発見されたものである。
遺骸が地層にとじ込められたのち、肉などの軟質部は通常、化学変化により失われる。
したがって化石には動物の骨や殻、歯などの固い組織の部分を主として、それらが鉱物に置換されて残っているものが多いが、木の葉や恐竜をはじめとする動物の皮膚や羽毛の型が残っているもの、貝などの内部が鉱物で充填されたものもある。


【アンモナイト】
化石 古生代シルル紀末期から中生代白亜紀末までのおよそ3億5,000万年前後の間を、海洋に広く分布し繁栄した、頭足類の分類群の一つです。 全ての種は有殻で、それは平らな巻き貝の形をしているのが通常です。 日本語による別名としては「菊石」「アモン貝」「かぼちゃ石」などがあります。


【スカル(骸骨)】
クリスタルスカル 水晶 髑髏 アメリカ大陸にすむ先住民インディオの間では人間の頭蓋骨というのは死を通して生命の再生を象徴するものだったとされています。
クリスタルスカルは主に中南米のマヤ文明、アステカ文明、インカ文明の遺跡から出土することが多く、マヤ文明では、神殿の頂上にはクリスタル・スカルが置かれ、宇宙からのエネルギーや情報を集約させていました。
またスペインの侵略を受けた後、現地の人々は先祖からの文化や伝統を継承する象徴としてクリスタルスカルを作り、身に着けていたとされています。


【アンモナイトスカル】
アンモナイトスカル髑髏 太古の記憶を残す化石アンモナイトと過去と未来、先祖と子孫を結ぶ力を持つと言われるスカル(骸骨)を彫刻家の特別な技術によって1つの作品にしたのがアンモナイトスカルです。彫刻を担当するのはスカルを彫り続け、彫刻家として10年以上のキャリアを持つミスターハンです。特にヒューマンスカル(人間頭蓋骨)の彫刻のリアルさと高い技術で知られる彫刻家です。アンモナイトは彫刻に適した硬度と品質を持つ白亜紀時代のマダガスカル産アンモナイトの中から一つ一つ特別に選定しています。


【スカル(骸骨)説明カード】
スカルや骸骨の由来、魅力、パワーを解説した
【スカル(骸骨)説明カード】 できました。
プレゼント用にも最適!
(お買い上げ個数分プレゼント)


【DATA】
サイズ幅:157mm、高さ:126mm、厚さ:56mm
重さ:1344g
情報時期:白亜紀
産地:マダガスカル産
ご注意※化石特有の細かい傷などは予めご理解ください。
※アンモナイトを立てるための台などは付いていません。
【高品質なアンモナイトの化石にリアルなヒューマンスカルを彫刻した特別な逸品!】