【ふるさと納税】15-018:鬼瓦家守 onigawara iemori No.6:愛知県高浜市 - ad7cc

2019-09-12

【ふるさと納税】15-018:鬼瓦家守 onigawara iemori No.6
名称インテリア(鬼瓦)
内容量【鬼瓦】縦90mm×横110mm×奥50mm、重量400g
【ベース】縦140mm×横200mm×奥26mm、重量200g(ウォールナット)
※多少変動します。
原材料粘土瓦、木
提供者鬼瓦家守(新東(株))(高浜市論地町4-7-2)
備考
古来より社寺や日本建築の屋根に「守り神」として設置されてきた「鬼瓦」。
三州地域の9人の鬼師達により手作業で造られた伝統の鬼瓦を現代風にアレンジしてダウンサイジングを行い、ベース板にはウォールナットを使用することで高級感を演出したインテリアとしました。
新築祝い等の贈答品に、自家用のお守りに、海外の方へのお土産に最適です。
また近年では、住宅様式の多様化により鬼瓦を飾る機会が減り、鬼瓦文化の継承が危惧されています。
鬼瓦家守は鬼瓦の作り手『鬼師』の伝燈を守る試みでもあります。

【鬼瓦家守No.6】鬼面
今にも噛みつきそうな牙、突き刺さりそうな角の立体感。
本来、鬼が持つ「怖さ」がストレートに伝わってくる。
「誰が見ても、鬼の意匠性を感じられる作品に」。
それは即ち、鬼が鬼として「生きている」ことを意味している。

作者:鬼師・神谷慎介
「長く残る作品は、100年以上の歴史を刻むもの。その歴史に携わることが夢」と語る、若手鬼師。
国宝や文化財など後世に残るものを手掛けていきたい、と野心をのぞかせる。
尊敬する先人達の背中を追いかけ、自分にしかできない表現を模索している。
信条は「一期一会」。鬼瓦界の未来を背負う彼の眼に、迷いはない。

・ふるさと納税よくある質問はこちら
・寄附申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。あらかじめご了承ください。






「ふるさと納税」寄付金は、下記の事業を推進する資金として活用してまいります。
寄付を希望される皆さまの想いでお選びください。

(1)活力あるまちづくり事業
(2)未来を担う人づくり事業
(3)健康で生きがいのあるまちづくり事業
(4)安全・安心なまちづくり事業
(5)その他、市長がふさわしいと認める事業

特徴のご希望がなければ、市政全般に活用いたします。





入金確認後、注文内容確認画面の【注文者情報】に記載の住所にお送りいたします。
発送の時期は、寄附確認後30営業日内を目途に、お礼の特産品とは別にお送りいたします。
ワンストップ特例申請書は、「申請書を要望する」にチェックを入れた方について、受領証明書と一緒に送付します。



ふるさと納税をご利用の皆様へ


新築祝い等の贈答品に、自家用のお守りに、海外の方へのお土産に。