万古東流釘彫長方鉢:BONSAI 彩都  - 22aef

2019-11-24

万古東流釘彫長方鉢左右12.8cm奥行10.8cm高6cm

商品説明
万古焼の歴史は古く、元文年間頃(1736〜41)伊勢桑名の豪商・沼波弄山が祖とされている。この作者東流・山本某は昭和43年に死去しており、この作品は少なくとも50年は経つと思われる。本業の傍ら趣味の盆栽のため手造り鉢を制作していたが、その数は少ない。白泥風の焼締は万古の伝統で、尚古堂を模した格調高い型は東流得意の意匠であった。それに竹の彫細工は見事で、鉢穴も花びら形と遊び心に満ちた仕上がり。まさにマニア垂涎の一枚。古色感も抜群で保存状態も素晴らしい。
落款:東流作・万古

写真上から
・正面
・裏面
・上から見る
・鉢穴の形状
・落款

※当店では実店舗での販売も行っているため、在庫の反映がリアルタイムではなく売り切れている場合があります。その場合は、申し訳ございませんがキャンセルさせていただくことをご了承下さい。

【盆栽鉢】日本鉢・幻の万古焼 
☆盆栽彩都☆