Gibson / J-45 Custom Flower Inlay Vintage Sunburst 【横浜店】:イシバシ楽器 17Shops - 8b05b

2019-10-09
カテゴリトップ>アコースティックギター>アコースティックギター>Gibson>J-45/J-50
Gibson / J-45 Custom Flower Inlay Vintage Sunburst 【横浜店】

ヘッドにフラワーインレイを施した、特別仕様のJ-45カスタム!


こちらのモデルの最大の特徴はSide&Backに採用されたローズウッドにあります。
通常であれば中音域の豊かなマホガニーが採用され、いわゆる「ギブソンらしい」サウンドを演出するのがJ-45です。しかしながら、こちらのモデルでは高域と低域に強くブーストのかかるローズウッドを採用。
きらびやかな高音と、非常に力強い低音を兼ね備えたギターとなっています。

上位モデルらしく装飾面も秀逸なものとなっています。
グローバーゴールドチューナーをペグに採用。指板にはアバロンインレイのポジションマーク。
ボディはアバロンをあしらったサウンドホールロゼッタ。ボディトップにはヘリンボーンバインディングを採用。
ブリッジにもアバロンインレイをあしらうという、隙のないデザインとなっています。

そして、2019年モデルの大きな特徴はヘッドのフラワーインレイです。
昨年のクラウンインレイ以上に豪奢で美しい姿は思わず見惚れてしまうほどです。

ピックアップにはL.R. Baggs"Anthem"を搭載。
よりナチュラルなエレアコサウンドはステージやレコーディングでの実戦でも文句なしに実力を発揮してくれることでしょう。

レギュラーモデルとは大きく違った、人と被らず皆の注目を集めたい方にオススメの一本です!


◆Gibson Acoustic Guitar
1902年、アメリカ・ミシガン州カラマズーにて、オーヴィル・H・ギブソンと5人の出資者によってギブソンは設立されました。
当初はマンドリンやフィドル等、所謂アーチトップ/バイオリン属の弦楽器を中心に製造していましたが、1920年代に入るとフラットトップ・アコースティックギター(一般的なアコギ)の製造をスタートします。
古くはブルース・ジャズ等での愛用者が多かったギブソンですが、1940年代のJ-45の登場、その後のロック/フォークミュージックの流行等により、現在に至るまで、母国アメリカのみならず世界中で、様々なジャンル/プレイスタイルのミュージシャンの愛器として活躍しています。
現在のギブソンアコースティックは、全モデルがアメリカ・モンタナ州ボーズマンにあるアコースティックを専門で手がけるギブソン・モンタナ・ファクトリーにて製造されており、最新の技術やトレンドを取り入れつつも、「オール単板ボディ(特殊なモデルを除く)」「ニトロセルロース・ラッカーによる塗装」「接着にニカワを使用したネックとボディのダブテイル・ジョイント」といった伝統的なギターづくりのエッセンスを頑なに守り受け継いでいます。

主な仕様

Wood SpeciesSitka Spruce Top w/ Rosewood Back & Sides
FinishNitrocellulose
Binding4 ply top w/ herringbone+1 ply back
Bracing scallopedX-Bracing
Neck SpeciesMahogany
ProfileSlim Taper Neck
Scale24-3/4"
Peghead InlayMOP and Abalone
NutTusq
Nut Width1.725"
Fretboard SpeciesRichlite
InlaysAbalone split diamond
BridgeRichlite with Tusq saddle
Bridge PinsTusq
TunersGold Grover Rotomatics
PickupsL.R. Anthem

■S/N:11908003
■付属品:ハードケース、Gibsonユーザー登録カード
※ご購入後、同梱されるユーザー登録カードに必要事項をご記入の上、ギブソン・ジャパンへご郵送下さい。ユーザー登録したご本人に限り、メーカー規定の故障に対して、無期限での保証が提供されます。

※複数のモールに掲載されているため、売却に伴う商品情報の削除は迅速を心掛けておりますが必ずしもリアルタイムではございませんので、ご注文後に万一売り切れとなっておりました際は誠に申し訳ございませんがご容赦くださいませ。