JBL GTR102 2チャンネル フルレンジパワーアンプ 最大出力700W Bluetoothオーディオストリーミング&ハンズフリー通話機能対応 Class Dアンプ:Car Parts Shop MM - af877

2019-06-06
カテゴリトップ>オーディオ>アンプ>JBL
JBL GTR102 2チャンネル フルレンジパワーアンプ 最大出力700W Bluetoothオーディオストリーミング&ハンズフリー通話機能対応 Class Dアンプ

<GTR102、GTR104、GTR7535アンプ>
Bluetoothオーディオストリーミング&ハンズフリー通話機能対応
Bluetooth接続に対応しているので、スマートホンなどのデバイスからワイヤレスオーディオストリーミングが可能です。また、Bluetooth接続中は、ハンズフリー通話もでき、操作パネルのボタンをタッチするだけで、お使いのカーオーディオシステム経由で通話することができます。

音楽補正技術Clari-Fi(クラリファイ)
Clari-Fiは、独自のデジタルシグナルプロセッシング(DSP)技術です。あらゆるデバイスで再生された音楽ファイルをリアルタイムで分析し、圧縮されたデジタル音楽ファイルの音質を改善します。高周波数帯域幅を広げ、温かみのあるナチュラルなボーカルを取り戻し、音の幅を広げます。Clari-Fi™技術により、圧縮されたデジタル音楽を本来の姿へ補正します。

パーティーモードで、最大3台までBluetooth接続が可能
パーティーモードは、Bluetooth接続でデバイスを最大3台まで同時にペアリングし、交互に音楽再生ができる機能です。Bluetooth接続を切り替える手間がなく、簡単に複数のデバイスで音楽を楽しむことができます。

手元での操作が可能な操作パネルが同梱
アンプには、操作パネル(有線)が同梱されています。操作パネルには、無指向性のマイクが内蔵されており、高品位なハンズフリー通話が可能です。また、Bluetoothペアリングの設定、ハンズフリー通話の開始・終了、パーティーモードの選択、Clari-Fi™(クラリファイ)の操作を手元で操作できます。

<GTRアンプ共通特長>
Class Dアンプ
GTRアンプは、フルレンジのモデルも含めすべてClass Dアンプです。高効率、低発熱のGTRアンプは、大量の電流を引き込むことなく、高出力を実現します。また、設置面積が小さいという特徴もあります。

アップグレード可能なファームウェア
GTRアンプには、mini-USB用のポートが装備されているため、簡単にファームウェアをアップグレードできます。

先進運転支援システム(ADAS)対応の入力
フルレンジのGTRアンプに搭載されている4チャンネルの優先入力により、先進運転支援システム(ADAS)から信号が検出された場合、再生音源よりも信号が優先されます。
■仕様
タイプフルレンジパワーアンプ
チャンネル2ch
最大出力700W
定格出力 4Ω100Wrms x 2
定格出力 2Ω120Wrms x 2
定格出力(ブリッジ接続時)240Wrms x 1
周波数特性15Hz 〜 35kHz
サブウーファーch 4Ω-
サブウーファーch 2Ω-
サイズ(長さ x 幅 x 高さ)225.3 x 179.6 x 54.2mm
重量(kg)2.12kg

 正規品