Freedom Custom Guitar Research×AKIMA & NEOS "Heat Engine"《エフェクター/オーバードライブ》【送料無料】:クロサワ楽器 日本総本店 WEBSHOP - 7bc3c

2019-06-13
カテゴリトップ>カテゴリ別>エフェクター>オーバードライブ/ディストーション/ファズ>オーバードライブ
Freedom Custom Guitar Research×AKIMA & NEOS "Heat Engine"《エフェクター/オーバードライブ》【送料無料】
バンドアンサンブルにおいて理想的なドライブ
ゲルマニウムトランジスタと内部昇圧回路を使い、所調歪エフェクターとは一線を画す、 真に良いサウンドを知り尽くしたアンプビルダーが製作するギター用ドライバー"Heat Engine"。
付属品:保証書
秋間経夫氏コメント
アンプでクランチな音作りをして、ソロの時にブースターやオーバードライブを使い歪みをアップという人が多いですが、
それだと音色的に弾きやすくはなりますが、アンサンブルの中では音が聴こえなくなってしまいがちです。
アンプをクランチにするという事は、エフェクターのアウトプット・レベルをどんなに上げても歪みが増えるだけで音量は上がりませんし、
逆に音像が引っ込んでしまう可能性があります。この現象は考え方を変えない限り、どんなに高級なエフェクターを使っても解消出来ません。
簡単に言うとアンプをクランチにしたら、それ以上音量は上がらないという事です。

本当は誰もが、ギターソロの時には音量がアップしてもらいたいものだと思います。

このHeat Engineはソロの時に歪みも増え、更に音量をアップし、
バンドアンサンブルの中で理想的なサウンドメイキングが出来るドライブエフェクターです。

9Vの電源を30Vに昇圧することによりICのポテンシャルを最大に引き出し、アンプ同様のダイナミックレンジを確保し、
更にゲルマニウム・トランジスタによる半導体とは思えないほど暖かで豊かなハーモニクスが生み出されるアンプ的なクランチサウンドから、
突き抜けるようなフルディストーションまでをHeat Engineだけで完結出来ます。
これを使用することによって、アンプの歪みに頼る必要はありません。

Heat Engineを使用する時は、まずアンプをクリーンなセッティングにすることをお勧めします。
Heatモード・スイッチを駆使することにより、バッキングのクランチサウンドから、
ギターソロ向きのモア・ディストーションサウンドにワンアクションで切り替えられます。

更にマスターボリュームが独立しているので、それぞれのモードに好みの音量差をつける事が出来ます。

【エフェクター/オーバードライブ】《フリーダムCGR》