【裄丈お直しサービス】【十八算12マルキ】傑作本場大島紬≪仕・新古品≫「枡込駒文」圧巻の12マルキ!緻密な絣技に魅せられて…身丈161.5 裄69:京都きもの市場 - 600e3

2019-11-16

【裄丈お直しサービス】
【十八算12マルキ】
傑作本場大島紬
≪仕・新古品≫
「枡込駒文」
圧巻の12マルキ!
緻密な絣技に魅せられて…
身丈161.5 裄69
◆表裏:絹100% (お誂え・お仕立ては手縫いです)
背より身丈161.5cm(適応身長156.5cm〜166.5cm) (4尺 2寸 6分)
裄丈69cm (1尺 8寸 2分) 袖巾35.5cm (9寸 4分)
袖丈49cm (1尺 3寸 0分)
前巾25cm (6寸 6分) 後巾31cm (8寸 2分)
◆八掛の色: 黒色
※ますいわ屋お誂え
◆最適な着用時期 10月〜翌年5月の袷頃

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません

◆着用シーン 音楽鑑賞、観劇、女子会、街着、お稽古、ランチなど

◆あわせる帯 カジュアル袋帯、九寸名古屋帯、八寸名古屋帯

=========================
【裄丈のお直しについて】
概算ではございますが、以下の最長裄丈までお出しできるものと思われます。
≪最長裄丈≫ 現状が最大寸法です。
詳細はお気軽にお問い合わせ下さいませ。
=========================

◆新古品・中古品は現品限りですので売り切れ次第終了となります。

◆未着用の新古品として仕入れてまいりましたので美品でございます!お手元で現品を確認の上、お値打ちに御召くださいませ!


さらりと纏う、至宝の織物。

傑作、12マルキ総絣。
本当に、本当にこのような逸品は近年出回ることが少なくなってしまいました。

本当に素晴らしい意匠です。これが織なのですから…
証紙はございませんが、私めがしっかりとルーペで絣糸の数を確認致しました!
絶対お値打ちのこの機会、是非お見逃しのないようお願い致します!


本当に、本当にこのような逸品は近年出回ることが少なくなってしまいました。
減少に伴い、もちろんのこと値段は高騰しており、
お値打ちにご紹介できる機会も、うんと少なくなってしまいました…。

少しでも良キモノをお値打ちにご紹介したい。
そんな一心で、遂に実現いたしました!

織物好きの貴女様!お洒落好きの貴方様!
そして、全てのキモノファンに贈る最高級の逸品を!
是非!お目に留まりましたらご検討下さいませ!


織の至宝、12マルキ。
呉服の本場室町におきましても、めったとお目にかかれません。

それほどまでに高価で稀少な所以…
それはひとえに、<絣糸の多さ>と<算数(よみすう)の高さ>にございます。

まず、絣糸の多さ。
5マルキ、7マルキ、9マルキ、そして12マルキがございますが、
経糸(たていと)の総数に占める経絣(たてかすり)糸の割合が
「マルキ」と呼ばれる数値になります。
7マルキの経糸の配列は、<絣糸1>に<地糸3>、の1:3。
9マルキの経糸の配列は、<絣糸1>に<地糸2>、の1:2。
経絣糸が多く入れば入るほど、経緯(たてよこ)の絣合わせは一層難しくなります。

ところが12マルキの絣の比率は、実は9マルキと全く同じです。
それなのに、なぜ12マルキが9マルキよりも細緻を極めるのか…
そこで異なるのが、<算数(よみすう)>と呼ばれるものでございます。

算数(よみすう)とは、「1cmのなかに経糸が何本あるか」を表す織物用語です。
奄美では伝統的に13算(じゅうさんよみ)で織られ、
鹿児島では伝統的に15.5算(じゅうごてんごよみ・じゅうごはん)で織られています。
13算は、1cmのあいだに経糸が26本。
15.5算は、1cmのあいだに経糸が31本。
つまり、算数(よみすう)というのは、織りの緻密さを表わす単位なのです。
算数が多ければ多いほど、布が緻密であり、上質な布である事を表わしています。

12マルキの大島紬は、この算数が、18算(じゅうはちよみ)で織られています。
18算は、1cmのあいだに経糸が実に36本。
想像してみてください。
これだけの本数を織り込むためには当然、細い糸を使わなければなりません。
糸が細ければ細いほど、織物は上質になっていきます。
そして絣糸も細くなり、カタスのT字も緻密の極みにまで至るのです。

その数、およそ330万個。
無論、究極の細かさと謳われ、熟練の匠にしか成しえません。
もちろんのこと、年間製作本数は本当に限られております。
また非常に細い糸を使用しているため、その手触りは、
7マルキ、9マルキのお品とは比べ物になりません。
実際に触れて確かめましたが、つややか系紬の代表といわれる大島でも
普通は指に糸の感触がはっきりと感じられるところ、
12マルキのお品は、まるで不織布のように、
はじめから一枚の布ではないかと思えるほど滑らかでした。

18算に、経絣糸の多さ。
12マルキならではの、1mmにも満たない点である絣の集合で、
信じられないほどに細緻を極める、意匠が織り描かれました。

この面持ち、是非お手元でご覧いただきたく思います。

大島独特の黒茶色の地。
お柄には細やかに、様々な文様をこめた市松文様を表して。

見て・着て愉しむ…
こんなにもサプライズな大島紬、他にはございません!
しっとりとした味わいと深みに、美しい詩情をお楽しみください。

大島紬の命とも言える絣の細かさを表現するためには、
常に経緯の糸が正しく交差するよう、また常に糸に均等な力がかかるよう、
細心の注意が要求されます。
7〜8cm織り進むごとに、細い針の先で絣を正しくそろえる作業を行いますので、
よく出回っているもので平均して40日前後、
最高級の手の込んだものとなりますと
一年以上の月日の末にやっと一反が生み出されることもあります。

手織りの大島独特の滑らかな手触り、シワになりにくい性質。
着れば着るほど着心地がよくなる素晴らしい風合いを楽しみながら、
母から娘へと末永く受け継いでいっていただければと願っております。


◆ご注文後、お直し前に現品をお届け致します。お手元確認後、寸法直しをご希望の方は、同梱のお仕立てお申し込み書にご希望寸法を記入の上、【お仕立て直しサービス券】 とご一緒にご返送ください。※イメージ違い等によるご返品可。

◆お手元確認なしで、直接寸法直しをご希望の方は、注文時、要望・備考欄に「直接お直し希望」とお書き添えの上、お直し希望寸法をご記入ください。※お直し後のキャンセルは承ることができません。

◆ご希望の寸法が出ない場合やお直しが出来ない場合は、担当者よりご連絡させていただきます。

◆その他、ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。




撥水加工をご要望の場合はこちら
(パールトーン加工 仕立て上り色無地・小紋・紬)
(ガード加工 仕立て上り色無地・小紋・紬)

※仕立てあがった状態で保管されておりますので、たたみシワなどがあることがございます。この点をご了解くださいませ。

※着姿の画像はイメージ写真です。柄の出方が少々異なる場合がございます。
[A0G076867]-[TP:桂]-[PS:桂]-[CH:田中郷]-[文責:松山]-[0208019]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。