Radial BACKTRACK (ステレオ・バッキングトラック・スイッチャー) 【国内正規品】【お取り寄せ品】:パワーレック鍵盤堂 - eefa8

2019-10-16
カテゴリトップ>アウトボード>その他関連製品
Radial
BACKTRACK (ステレオ・バッキングトラック・スイッチャー)
【国内正規品】【お取り寄せ品】
★ステレオ・バッキングトラック・スイッチャー

●主な特長
◎2つのステレオ入力に接続したオーディオソースの切り替え
◎1/4インチTRSフォーンもしくは3.5mmステレオミニの入力端子
◎キューイングなどに活躍するソース切り替え可能なヘッドフォン出力
◎トランスでアイソレートすることによりグランドループを起因とするハムおよびバズノイズを除去

■製品紹介
Radial Backtrackは、2つのステレオ入力に接続したオーディオソースの切り替えを瞬時に行うことができるステレオ・バッキングトラック・スイッチャーです。

ライブで再生中のバッキングトラックに異常が起きた場合、もう一方の入力に接続しているバックアップユニットにシームレスに切り替えることができます。切り替えは、本体にあるスイッチもしくはオプションのフットスイッチJR-2を使用します。

Backtrackとプレイバックデバイスの接続は、1/4インチTRSフォーンもしくは3.5mmステレオミニ端子で行います。PAシステムに接続するバランスXLR出力は、トランスでアイソレートすることによりグランドループを起因とするハムおよびバズノイズを除去します。パワードモニタースピーカーなどを接続するためのモニター出力も用意されています。
またソース切り替え可能なヘッドフォン出力は、PAシステムへ送られる信号には影響しませんので、キューイングなどに活用できます。

■接続例
◎バッキングトラックをリモート切り替え
オプションのフットスイッチJR-2を使い、プレイバックソースの切り替え、ミュートを行います。 ステージモニターとハウスPAシステムのどちらからも出力されます。

◎トラックのキューイングのためにヘッドフォン出力を使用する
ヘッドフォン出力はPAへの出力に関係なく、いずれかの入力の音を聴くことができます。

◎アンプモデリングシステムの切り替え
2基のステレオ・アンプモデリング・デバイスの出力(バランスもしくはアンバランス)をBacktrackに接続します。XLR出力からPAシステムへは、バランス信号で送られます。一方のアンプモデリングが不調な場合でも、JR2で即座に予備のデバイスに切り替えを行います。

■技術仕様
・Audio circuit type:Passive Audio Circuit with Active Headphone Amplifier
・Number of channels:2
・Frequency response:20Hz - 20kHz (-0.5dB/+0.5dB)
・Dynamic range:>+130dBu
・Total harmonic distortion:0.007% @ 0dBu, 1kHz
・Intermodulation Distortion:0.02% @ 0dBu, 1kHz
・Common Mode Rejection Ratio:34dBu @ 60Hz, 42dBu @ 3kHz
・Noise:-105dBu
・Maximum Input:>+25dBu
・Ground lift, Headphone
・Input Connectors:1/4" TRS, 3.5mm, RCA
・Output Connectors:XLR, 1/4" TRS
・Extras:Headphone output
・Construction:14-gauge steel chassis
・Size (L x W x D):4.6" x 5.9" x 1.9" (11.7 x 15 x 4.8cm)
・Weight:2.2 lb (1kg)
・Power:15VDC 100mA


ラディアル