ハリソンジム チゼルワーク ビズビー バングル 153mm 大須店:マライカ - 5b327

2019-11-04
カテゴリトップ>ターコイズ>ビズビー
ハリソンジム チゼルワーク ビズビー バングル 153mm 大須店
部族ナバホ族
アーティストHarrison Jim
素材Sterling Silver
ターコイズナチュラルビズビー
石のサイズ10mmx18mm
35mm
シルバーの厚み2.5mm
内周153mm 内周
開口部28mm
ご注意※インディアンジュエリーにはハンドメイド特有のゆがみ・ずれ等がある為、表記サイズには多少の誤差がございます。
ハリソンジムについて 1952年生まれ。ナバホの母とアイリッシュの父を持つ彼は、ナバホリザベーションで育ちました。ナバホの習慣の元で育った彼は、シルバースミスであった祖父の影響でジュエリー製作を始めました。高校ではJesse MonongyaやTommy Jacksonらのジュエリー製作のクラスをとり、そこで本格的に学んだそうです。なので彼の作品は精巧なインレイワークから大胆なナバホのオールドスタイルまでと幅広いです。赤土の大きな山の近くに、彼の工房とするホーガンはあります。時にロック、時にクラシック、音楽を聴きながら作られる彼の作品は、シンプルながら細部までこだわりが感じられ、正確なスタンプワークと類をみないボリューム感が一目で彼の作品だと主張しています。恰幅のいい体つきと優しい笑顔、彼からはシルバースミスとしての確固たる誇りを感じます。
ビズビーについてアリゾナ州にあるビズビーでとれるターコイズ。ビズビーも銅山で、ターコイズが発見されたのは6キロも深い地下だったそうです。そこからとれた石は深い紺〜黒に近いような青色に茶色〜黒のマトリックスが入っており、色が非常に特徴的で人気のあるターコイズの一つになっています。中でも、曇っているように見えるマトリックスが入っているものはスモーキービズビーやラベンダーなどと呼ばれ、コレクターアイテムの一つとなっています。青色が濃く、その中から染み出しているようなマトリックスが入っているものが人気が高く、高価になります。

インディアンジュエリーとは
人気の「インディアンジュエリー」。その名の通り、アメリカ先住民ネイティブアメリカン(いわゆるインディアン)が作ったジュエリーをインディアンジュエリーといい、すべてネイティブアメリカンのアーティストや職人の手によるハンドメイドジュエリーとなっております。マライカではアメリカ・ニューメキシコ州に直営のトレーディングポストを構え、スタッフがアーティストと直接コンタクトを取ってジュエリーを仕入れています。
ジュエリーのお手入れについてシルバーのジュエリーは時間がたつと空気中の硫化物と反応して硫化し、黒ずんでいきます。特に汗などが付着したまま放置すると、変色が進みやすくなります。輝いたジュエリーを装着されたい方は、市販のシルバー磨き布で磨くと元の輝きがよみがえります。
当店では、黒くいぶしのかかったジュエリー、表面がキラキラに磨かれていないオールドスタイル仕上げのジュエリーも多数お取り扱いしています。そういったジュエリーはあまり布で磨かず保管していただくと、その味がもっともっと出てきます。お好みにあわせたお手入れで、自分色のジュエリーに育てましょう。
ターコイズのお取扱い方法についてターコイズは地球の力で生み出された自然の石ですので、お取り扱いには多少注意が必要です。ジュエリーを水につけたり、つけたまま手を洗ったり入浴したりすると石とジュエリーの結合部に水が入り、劣化の原因になります。またターコイズの変色の原因にもなりますので、水や湿気にはご注意下さい。

 

ビズビー×コインエッジ

ハリソンジムのヘヴィーバングルです。インゴットシルバーからたたき出されて作られた重厚な仕立て。中心には深い深い色味の上質ビズビーが。くっきりとした黒ラインのチゼルワーク、エッジに細かな刻みを入れるコインエッジ仕立てを引き立たせる鏡面仕上げの作品です。
インディアンジュエリー/マライカ プレゼント ギフト