ハンディ硬さ計(SONOHARD(R)) 約4(約40N)kgf 2-2594-05 SH-22-J4:アスリートトライブ - adaf0

2019-10-02
カテゴリトップ>美容・健康1>計測機器>その他
ハンディ硬さ計(SONOHARD(R)) 約4(約40N)kgf 2-2594-05 SH-22-J4【特長】
●プローブの小型化により狭所の測定が可能です(SH-22)。
●静圧荷重式のため、短期間での部品交換がありません。


【仕様】
●型番:SH-22-J4
●測定荷重(kgf):約4(約40N)
●測定圧子:マイクロビッカース・ダイヤモンド圧子
●周波数:電動・手動切替プローブ…ー、手動プローブ…約38〜40kHz
●再現性:ビッカース硬さ・HV…00〜1000HV/±(5%rdg)
●測定範囲:ロックウェル硬さ…HRC 10.0〜70.0/±1.0、ロックウェル硬さ・HRB…60.0〜100.0/±2.0、ショア硬さ・HS…20.0〜100.0/±1.0、ブリネル硬さ・HB/HBW…85〜550/±(3% rdg)
●表示:測定値・測定回数・最大値・最小値・標準偏差・平均値
●データメモリ数:2000データ
●機能:上限・下限・測定回数・キャンセル
●アラーム:アラーム信号(ブザー音)
●インターフェース:データ通信またはプリンタ用RS-232C出力
●電源:ACアダプタ100V及びリチウムイオン充電池
●サイズ:表示ユニット】97×50×170mm、プローブ】φ20×195mm(グリップ有り)・φ8×195mm(グリップ無し)
●重量表示ユニット】約400g(電池含む)、プローブ及びケーブル】約400g


【用途】
<SH-21Aタイプ>
●加工品・プレス成型品・金型に。
●テーパー部・ドリルの刃先の硬さ測定に。
●硬さ測定による経年変化の診断に。
●溶接部の溶接強度測定(引張強度の確認)に。
<SH-22-J1>
●クランクシャフト・カムシャフト・グラビア印刷ロール(クロムメッキ)・ギヤ・小物完成部品・狭所・ベアリング・窒化処理品に。
<SH-22-J2>
●クランクシャフト・カムシャフト・一般熱処理部品・浸炭処理品に。
<SH-22-J4>
●比較的粗いクランクシャフト・カムシャフト・比較的粗い面・溶接部・鍛造品・主にインライン用に。