SplitFire スーパーダイレクトイグニッションシステム スカイライン クーペ [CPV35] VQ35DE (H15.1〜H19.10) 【代引不可】:オートクラフト - ab415

2019-11-07
カテゴリトップ>オートパーツ>電子系>イグニッションコイル>SplitFire (スプリットファイア)
SplitFire スーパーダイレクトイグニッションシステム
スカイライン クーペ [CPV35] VQ35DE (H15.1〜H19.10) 【代引不可】
【車 種】 スカイライン クーペ
【排気量】 3500
【型 式】 CPV35
【エンジン型式】 VQ35DE
【年 式】 H15.1〜H19.10

【SplitFire Di 適合品番】 SF-DIS-101

VQエンジン用イグニッションコイル

点火系の抜本的な、改革。そして、更なる高性能を

純正ダイレクトイグニッションコイルの巻き数変更により、安定したスパークを可能とし高回転での燃焼効率を大幅に高めパワーアップします。

ダイレクトイグニッションシステムとは・・・
ECUから直接各シリンダーに設置されたコイルに電気信号を送り、点火を行うというものです。

点火タイミングをセンサーで感知し、撚料噴射装置等の情報と共にECUが一括して制御する事により、理想的な点火状況を作り出し、全回転域において安定した電カ供給を可能にしたのです。

全て車種別専用設計ですのでボルトオンでの装着が可能。
ノーマルとの比較

<<最新の点火システム/ダイレクトイグニッション/純正コイルの弱点を克服した"ハイパワー・イグニッション・コイル">>

左の写真は、ノーマル時(右)のスパークとスーパーダイレクトイグニッションシステム(左)のスパークを比較したものです。

スパーク容量は明らかで、この差がサーキットやスポーツ走行において 数々のメリットを生み出すのです。

完全燃焼を促進し今までにないパワー&トルクアップ、低燃費までを実現させます。
プラグコードとダイレクトイグニッションの比較

<純正の点火システム>
パッテリーの電圧をまずコイルで増幅させ、ECUからの指示により、エンジンと連動し回転するディストリビューターが各シリンダーへ分配するいわゆる機械式のシステムです。

<ダイレクトイグニッションシステム>
ECUから各シリンダーごとに設置されたコイルに直接指示する最新の点火システムです。 最大の違いは増幅された電圧が、スパークプラグに到達するまでの距離。コイルを介し、各スパークプラグまでプラグコードを通っていく際に電圧はロスしてしまうのです。 ダイレクトイグニッションシステムでは各コイルが増幅した電圧を直接スパークプラグヘ伝達するため、ロスがあリません。
スプリットファイア SUPER DIRECT IGNITION SYSTEM Di