Schlagwerk Percussion 《シュラグヴェルク》 SR-CP605 [Fine Line Confort “Morado” / リュックサック・ソフトケース付]:Ikebe大阪プレミアム - 3d030

2019-06-25
カテゴリトップ>パーカッション>カホン>Schlagwerk Percussion
Schlagwerk Percussion 《シュラグヴェルク》
SR-CP605
[Fine Line Confort “Morado” / リュックサック・ソフトケース付]
Schlagwerk Percussion〜世界標準&最高水準!カホンブームはここから始まった!
・・・そんなSchlagwerkから、新たなモデル、“Fine Line Confort(ファインラインコンフォート)”シリーズが登場!!

<Fine Line Confort(ファインラインコンフォート)/ Morado(モラード)>
トラディショナル / モダン・・・シュラグベルクが作り続けてきたカホン、追求してきたサウンド。伝統とテクノロジーの、さらなる融合に挑んだ新シリーズ。

【中域・低域のまとまったタイトなサウンド!/ CP-605】
●ボディ:上部の柔らかなカーブは、ヴィジュアルのインパクトと同時にプレイヤーへの優しさを兼ね備えたデザイン。CLM (Cross-Laminating&Moulding) 工法で成型されたビーチウッドのボディは、まさに高級ドラムシェル。ボディ振動もさらにアップされ、今までにない“鳴り”が生まれました。上部の滑り止めコーティングもさらに強くやわらかになりました。

●ファインライン・スネア-12 CW2:コイル状のカスタムワウンドワイヤー(Custom Wound Wire=CW2)が計12本。“ラ・ペルー”シリーズのテクニックをベースにしたポジショニングで、張りの調整も可能。センシティヴなレスポンスを実現します。

●ロゴ&プレート:打面に刻印されたロゴは、主張しすぎず、全体を美しくまとめています。さらに、ホール側(背面)には“fineline”の木製プレートが装着されております。

●デラックスカホンパッド:表面は柔らかな本革で機能性も十分。プレイヤーをしっかりホールドします。ロゴは型押しで、高級感が漂います。

●サウンド;ビーチウッドのボディが、丸みを持ちながらタイトでまとまりのあるサウンドの“Morado”の特色をバランスよくサポートしつつ、新開発のファインライン・スネアがサウンドキャラクターを限りなく引き出しています。

打面材:ホンジュラスローズウッド合板 / 側面材:ビーチ材
サイズ:500(高さ)×300(幅)×300(奥行)mm
響き線:ファインラインスネア
付属:デラックスカホンパッド
付属ソフトケース:TA-12(リュックサック式)

シュラグベルク/最上級カホン!